そのプロモーション
高齢者に届いてますか?

超高齢社会に「効く」プロモーションを
ご提案いたします。

まずはお問い合わせください

こんなお悩みを
解決します!!

踏み込み!整理し!
問題解決!
効果的にシニア顧客を獲得!
成長企業に!!

当社におまかせください!!
貴社の「販促コンテンツ」を
超高齢社会に「効く」コンテンツに
デザインシフトいたします!

まずは事実を
集めることから
始めます!

実店舗でイベントを実施!

直接的なコミュニケーションを行うことが非常に重要です。
イベントを通じてインタビューを実施することで、
数値データだけではない「生の声」を収集いたします。

  • 地域課題解決型イベント
    (衣類回収・健康運動)
  • LINE@お友達獲得イベントなど
  • ※イベントのみの開催も承ります

※スーパーマーケットでの衣類回収イベント実施例(練馬区)

衣類回収イベントについては、
「株式会社御用聞き」との
共同実施となります。
http://www.goyo-kiki.com/

事実をもとに
プロダクト
します!!

既存コンテンツの
再設計にも!

影響力がまだまだ強い
新聞折込チラシ!

・新聞折込チラシ・新聞広告
など各種紙媒体

20年以上チラシを作り続けてきたノウハウでシニアデザインに特化した紙面をご提案します!

自社コンテンツ・
SNSメディアの活用!

・ホームページ・キャンペーン
ページ・LINE@など

オウンドメディア販促やSNS販促、特に「LINE@正規代理店」の強味を活かしたご提案いたします!

ネット広告の
運用・活用!

・YDN・GDN・SNS広告
・Googleマイビジネスなど

多様な手法で狙ったターゲットに届く運用で効果的なネット広告をご提案します!


超高齢社会に「効く」プロモーションを提案いたします。

踏み込み!整理し!問題解決!

真剣に考え 具体的な手法で

販売促進のシニアシフトを

ご支援します!!

まずはお問い合わせください

なぜ販売促進の
シニアシフトが重要なのか?

“日本の消費現場”
既に超高齢社会を迎えている!

65歳以上が占める割合は26.2%、50歳以上は45.5%です。およそ4人に1人が高齢者、2人に1人が中高年者です。また“高齢者の消費”は現在既に100兆円と言われており、今後も毎年1兆円ずつ増加し続け、市場における割合は2030年には消費全体の5割に達すると予測されています。この層にリーチできるかどうかが、あらゆるビジネスに大きな影響を与えるようになってきました。しかし現段階で高齢者に特化した販促支援に決め手はなく「販売促進」手法の見直し・改善が「次の一手」として重要な課題となっています。

“日本の消費現場”は既に
超高齢社会を迎えている!

65歳以上が占める割合は26.2%、50歳以上は45.5%です。およそ4人に1人が高齢者、2人に1人が中高年者です。また“高齢者の消費”は現在既に100兆円と言われており、今後も毎年1兆円ずつ増加し続け、市場における割合は2030年には消費全体の5割に達すると予測されています。この層にリーチできるかどうかが、あらゆるビジネスに大きな影響を与えるようになってきました。しかし現段階で高齢者に特化した販促支援に決め手はなく「販売促進」手法の見直し・改善が「次の一手」として重要な課題となっています。

なぜシニア販促は
難しいと言われるのか?

“高齢者”に届けるには
「紙」媒体だけでも
「デジタル」媒体だけでも

難しい!

巨大な消費力を持った“高齢者”チャネルは少しずつではありますが、アナログからデジタルへと移行するなど情報獲得の方法が多様化しています。今後10年以上の時間をかけながら変化していくと予測されています。よって今現在は高齢者へのアプローチは「紙」媒体だけでも「デジタル」媒体だけでもすべて完結しません。10年前のいわゆる“高齢者”と呼ばれる人たちとはかなり違うということを理解したうえで「紙」「デジタル」のあらゆる媒体を最適化していかなければ販促効果をあげることはできません。

“高齢者”に届けるには
「紙」媒体だけでも
「デジタル」媒体だけでも
難しい!

巨大な消費力を持った“高齢者”チャネルは少しずつではありますが、アナログからデジタルへと移行するなど情報獲得の方法が多様化しています。今後10年以上の時間をかけながら変化していくと予測されています。よって今現在は高齢者へのアプローチは「紙」媒体だけでも「デジタル」媒体だけでもすべて完結しません。10年前のいわゆる“高齢者”と呼ばれる人たちとはかなり違うということを理解したうえで「紙」「デジタル」のあらゆる媒体を最適化していかなければ販促効果をあげることはできません。

“高齢者で括る”
のは不十分!

健康年齢・趣味嗜好などさまざまな要素が絡み、「商品・サービス」によって対象となる“高齢者” は異なります。“高齢者”を一括りにするのではなく、細分化する必要性があります。ですが、消費の現場では“高齢者”を一括りにした販促手法ばかりが目立ちます。我々、総合オリコミ社が考える“高齢者販促”は、最低でも高齢者層を4分類に整理する必要性を感じています。 まずは御社の「商品」「サービス」の利用者となる“高齢者”をしっかり分析しましょう。アプローチを間違えると非効率であるだけでなく御社の信頼を損ねてしまう危険性すらあります。

“高齢者で
括る”のは不十分!

健康年齢・趣味嗜好などさまざまな要素が絡み、「商品・サービス」によって対象となる“高齢者” は異なります。“高齢者”を一括りにするのではなく、細分化する必要性があります。ですが、消費の現場では“高齢者”を一括りにした販促手法ばかりが目立ちます。我々、総合オリコミ社が考える“高齢者販促”は、最低でも高齢者層を4分類に整理する必要性を感じています。 まずは御社の「商品」「サービス」の利用者となる“高齢者”をしっかり分析しましょう。アプローチを間違えると非効率であるだけでなく御社の信頼を損ねてしまう危険性すらあります。

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  • お問い合わせは電話かメールの二通りとなります。
    どちらのお問い合わせ方法でも、オンライン商談サービス
    「bellface(ベルフェイス) https://bell-face.com/」 を改めてご案内させて頂く場合がございます。

    ---------  電話でお問い合わせ ---------

    シニアプロモーション窓口
    03-3986-5614

    ※ 受付時間:月曜日~金曜日 AM9:30~PM5:30
    スマートフォンからの場合、上記電話番号をタップすると電話がつながります。

    担当:中島・中道

  • --------------- お問い合わせ ---------------

    の項目は必須項目です。
    送信後、自動返信メールが送信されます。
    自動返信メールが届かない場合、メールアドレスが間違っているか、
    迷惑メールフィルターが設定されている可能性があります。

    企業名
    部署名
    ご担当者名
    メールアドレス
    お電話番号
    都道府県
    お問い合わせ内容
    プライバシーポリシーに同意します